The Document FoundationよりLibreOffice 5.1をお知らせします

Posted by Takeshi Abe Takeshi Abe  
Report Content as Inappropriate
      Options
Linux版、MacOS X版、Windows版が今すぐご利用いただけます

2016年2月10日、ベルリン - The Document FoundationはLibreOffice 5.1
をお知らせします。オープンソースのオフィススイートにして、同じ分野のどの
製品にも引けをとらず、かつ相互運用性の面で優れています。

LibreOffice 5.1ではユーザーインターフェイスの再構成が徹底されました。
そして企業環境での配備に向けたさまざまな機能が改善されています:
ODF 1.2サポートの強化、プロプライエタリな文書形式との相互運用性、
そしてリモートのサーバー上のファイル管理などです。

2011年1月の最初のリリース以来、LibreOfficeは1億2千万ものダウンロード
を誇ります。あらゆる大陸において大規模な組織において配備されており、
10万台超のデスクトップを有するイタリア国防省もこれに加わりました。

LibreOffice 5.1のハイライト

ユーザーインターフェイス: LibreOffice 5.1ではユーザーインターフェイスが
徹底的に見直されました。最も利用される機能に対してより素早く便利にアクセス
できるようになっています。各アプリケーションに新しいメニューが追加されました:
スタイル(Writer)、シート(Calc)、およびスライド(ImpressおよびDraw)。
さらに、ユーザーの声を基にさまざまなアイコンおよびメニューコマンドの位置を
改めました。

相互運用性: 他の生産性ソフトウェアとの相互運用性を高める継続的な努力の
1つとして、プロプライエタリな文書形式との互換性が改善されました。
加えて、Apple Keynote 6、Microsoft WriteおよびGnumericファイルのための
フィルターが追加されました。

表計算関数: Calcの式計算エンジンが改善され、テーブルでの構造化された参照
および移動しない行/列アンカーの制限をなくし、OOXML表計算シートとの相互
運用性、およびODF 1.2との互換性などの機能が加わりました。

リモートサーバー上のファイルへのアクセス: SharepointやGoogle Drive、Alfresco
といったリモートのファイルサーバー上のファイルへ"ファイル"メニューから
アクセスできるようになりました。読み書きのオプションが選択でき、別にダイアログ
ウィンドウを開く必要がなくなりました。

最も重要な新機能の完全な一覧は別の文書
(http://www.vignoli.org/ftp/tdf-lo51features.pdf)、あるいはサイト上
(http://www.libreoffice.org/discover/new-features/)からご覧いただけます。
WriterやCalc、Impressについての最も重要な新機能を紹介する短い動画もあります:
https://www.youtube.com/playlist?list=PL0pdzjvYW9RHSwdRnZfaxAWICrkBrQl7k

LibreOffice 5.1には、何百名ものボランティアの活動による、表からは見えない改善
もなされています。これによってオープンソースのオフィススイートはより開発
しやすく、また維持やデバッグが容易なものになります。これらはユーザーからは
見えませんが、企業での配備にとってもこの上なく重要です。

「LibreOffice 5.1は、ユーザーのニーズと好みを満たすという私たちのオフィス
スイートの構想を実現するためのさらなるステップです」と、The Document
Foundation (TDF)のDirectorの1人であり、LibreOfficeの主要な開発者である
Bjoern Michaelsenは述べています。「2010年以来、私たちはいくつもの異なる
開発サイクルを通じてコードを洗練させ、より機敏なものにしてきました。今や
私たちはユーザーインターフェイスをより良いものにする段階まで近づいています。」

「LibreOfficeの3番目の開発サイクルでは、ユーザーがスクリーン上の要素を
自分のニーズにとって最適なレイアウトにでき、デスクトップのスペースを
最善の方法で利用できるような、新しいユーザーインターフェイスのコンセプト
へ向かっています」と、TDFのDirectorにして、デザインチームの一員である
Jan Holesovskyは付け加えています。

入手方法および企業環境への配備

LibreOffice 5.1は、オープンソースのオフィススイートとして機能面で最先端
を行くものであり、そのため技術に情熱を燃やす方や新機能を追いかける方、
熟練ユーザーに向いたものになっています。

企業環境での配備については、より成熟した5.0.x(もうすぐ5.0.5になります)ブランチ
をTDFがメンテナンスしています。いずれの場合でも、TDFは認定された専門家による
支援の下で配備または移行することをお奨めします。認定されたプロフェッショナル
はレベル3サポートや、移行およびトレーニングのコンサルタントを提供します
(http://www.libreoffice.org/get-help/professional-support/)。

LibreOffice 5.1は今すぐ以下のリンクからダウンロードしてご利用いただけます:
http://www.libreoffice.org/download/
(訳注: 日本語のダウンロードページは
<http://ja.libreoffice.org/download/>)
LibreOfficeのユーザーおよびフリーソフトウェアに賛同する方、コミュニティの
メンバーは、寄付によってThe Document Foundationを支援できます:
http://donate.libreoffice.org

広報資料およびスクリーンショット

背景の文書や高解像度の画像を含む広報資料は以下からダウンロードできます:
http://www.vignoli.org/ftp/lo51launchkit.zip
Windows 10でのスクリーンショットはこちらからダウンロードできます:
http://www.vignoli.org/ftp/lo51screenshots.zip

ブログ記事へのリンク: http://blog.documentfoundation.org/blog/2016/02/10/the-document-foundation-announces-libreoffice-5-1

--
Italo Vignoli - LibreOffice Marketing & PR
email [hidden email]
mobile +39.348.5653829 - jabber [hidden email]
hangout [hidden email] - skype italovignoli
GPG Key ID - 0xAAB8D5C0
DB75 1534 3FD0 EA5F 56B5 FDA6 DE82 934C AAB8 D5C0
---
以上はannounce@documentfoundation.orgで配信されたアナウンスの日本語訳です。
原文:
http://listarchives.documentfoundation.org/www/announce/msg00257.html

--
Unsubscribe instructions: E-mail to [hidden email]
List archive: http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/

Loading...